TOYOオフィス家具カタログvol.37
120/504

1162 オフィスチェアOffice and home furnitureTOYOチェア【バルチェ】セルフアジャストメント機構で    座る人の体重に合わせたリクライニングを実現。「てこの原理」を利用したセルフアジャストメント機構は、座る人の体重に合わせて座面・背もたれがリクライニングする仕組みです。座面は4°、背もたれは20°まで可動します。セルフアジャストメント機構「セルフアジャストメント機構」とは、背もたれを倒すことにより座面を持ち上げるようにリクライニングする機構です。座面・背もたれにかかる体重に合わせて自動調整するので、これまでの椅子のように細かい調整が不要になりました。また、この機構の採用により複雑な構造部を減らすことができ、コストパフォーマンスも大幅にアップしました。座面右手側のレバー操作で座面を昇降できます。また、ガススプリングのタックリング効果で着座時の衝撃を吸収します。(117mmストローク)座面上下調節キーボード操作とマウス操作では腕の角度や高さは違っています。肘の高さを変えることで身体の疲れを減らすことができます。体型やデスクの高さに合わせてパッドの高さを上下に100mm調節できます。アジャスタブル肘背もたれに取り付けるジャケットハンガーもご用意しております。使用しないときには収納できますので邪魔になりません。上着を掛ける時に引き上げてご使用ください。後づけ可能なジャケットハンガー(オプション)収納時操作部使用時背座のクッションは工具なしで簡単に交換ができますので、汚れた場合などに交換し、末長くご使用頂けます。「環境への配慮」は素材のみならず、設計にも活かされています。廃棄時の分別回収を容易にするためにパーツごとに手軽に分解できる設計です。背座のクッションも交換でき、お客様が末長く使える商品を提供しています。商品の再資源化を促進する為、各パーツには材質表示を施しています。資源リサイクルの際に見分けられるよう配慮されています。交換可能なクッションロングライフ設計徹底した分別設計再生樹脂の積極採用/材質表示117mm100mm4°20°背が硬く体重をかけても倒れないので、もう少し柔らかい背もたれが欲しい。セルフアジャストメント機構の採用で荷重を調整。体重の軽い人背が必要以上に倒れるので、もう少し安定する背もたれが良い。体重の重い人これまでの椅子では・・・20°4°座る人の体重に合わせてセルフアジャストメント機構が自動的に調整してくれるので座りやすい。

元のページ  ../index.html#120

このブックを見る