TOYOオフィス家具カタログvol.36
312/504

壁面収納ユニット11308Office and home furnitureTOYOユニットを設置の際は必ず本体の上下左右を連結し、また、転倒予防の為に壁又は床への固定を行ってください。オプションで転倒防止プレートや転倒防止対策用金具を用意しておりますのでご相談ください。ユニットの連結ヒンジドア取手230mmの大型取手を採用。握りやすいので操作も簡単です。扉はラッチ機能付きで地震などの揺れにより扉が開くのを防ぎます。180°開きドアヒンジドアは180°開きが可能で狭い通路でも邪魔になりません。リバーシブルキー鍵の抜き差しが簡単なリバーシブルキーを採用。ロック状態を確認できる開閉表示付き。内筒交換錠により鍵番号の変更が可能です。スライディングドア(3枚戸)開口間口が広く中央の書類の出し入れも快適に行え、オフィスの省スペース化に有効です。リンクスライド機構により、開閉もよりスムーズに行えます。鍵ポケット一時的に鍵の保管ができるポケット付き。鍵の紛失防止につながります。ダイヤル錠扉・パーソナルロッカーラテラル引出し引出しはA4・B4ファイルを無駄なく収納できるように設計されています。ラテラル引出し引出しはボールスライドレールを採用、収納物をスムーズに出し入れできます。また、1つの引出しを開けるとその他の引出しにロックがかかる安全機構付です。棚ピッチ棚ピッチは26mm間隔で設定、収納物に合わせた有効内寸がとれます。転倒防止対策のない壁面収納家具は、転倒による怪我の原因となります。必ず転倒防止対策を施して、ご使用ください。壁面収納家具の施工後に移設したい場合は、必ず設置施工のメーカー(とその販売店)にご相談ご依頼ください。設置施工のメーカー(とその販売店)又はその指定業者以外の者が、移設施工した場合は、その移設施工に起因する事故には一切の責任は負うことが出来ません。壁面収納家具は大型で施工を伴う家具ですから、一般の置き家具とは構造・体積等が大きく異なります。十分に「取扱説明書」の安全条項を確認厳守のほど、お願い申し上げます。(1)(2)(3)ダイヤル錠は、設置後にICカード錠への変更が可能です。※ご要望の場合は、担当者にお問い合わせください。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です