TOYOオフィス家具カタログvol.37
79/504

751 オフィスデスクオフィスチェアオフィスデスクローパーティション・衝立ミーティングテーブルミーティングチェア役員用家具応接家具リフレッシュスペースロビーチェアカウンター壁面収納ユニット書庫・キャビネットオフィスボード会議・研修室用品フロア・インテリアロッカー・シューズボックスコインロッカー金庫・耐火庫オフィスアクセサリーパーティション学校用品施設別用品福祉・医療用品官公庁仕様機器環境推進用品工場用品棚類・書架物置Office and home furnitureTOYO【ノヴィ】デスクの昇降には大きく四つの意味があります。1.正しい姿勢をサポートするには、体格に合ったデスクの高さが必要です。安全配慮(指などの挟み込みや、天板同士の接触防止) デスク配置の際、付属のサイドスペーサーを用いることで、壁との間に25mmのスペースを保持することができ、昇降する際に壁に接触することがありません。また、横設置、対向設置の際も50mmのスペースが簡単に保持できます。このスペースは、天板同士の接触を防ぐだけでなく、指挟みのリスクを軽減させる働きがあります。人間工学では長時間のデスクワークに適した執務姿勢を推奨しています。その姿勢を得るためには椅子の高さ(座位基準点)も重要な要素となりますが、また、座面から机上面までの高さ(差尺)も大切な要素とされています。3.発想力を高めるには、立ち机が効果的。クリエイティブ・ワークをされる方には、立ち机の活用が有効と言われています。ドイツの文豪ゲーテの生家、ゲーテハウスには有名なゲーテの立ち机が置かれています。また、トルストイも立って執筆したとの記録が残されています。4.適度な姿勢の変更が、健康増進に効果的。どんなに快適な姿勢でも、ずっと同じポジションを続けることを強いられると苦痛に感じてしまいます。医学的に見ても座りすぎの健康問題が世界的にクローズアップされています。2.種々のデスクワークには、それぞれに適したデスクの高さが必要です。デスクワークには、読むこと、書くこと、タイピング、複数資料の参照、複数画面の比較、またそれらの組み合わせと、様々な作業があります。その一つ一つには、疲労軽減に役立つデスクの高さが考えられます。横設置(サイドスペーサー付属)対向設置25mm25mm50mm25mm50mm対向設置横設置対向設置金具(オプション)※デスクフロントパネルをご使 用の際は、別途対向設置金 具をご使用ください。90mm の間隔を保持できます。昇降スイッチタイピング書き作業読み作業天板面の高さ

元のページ  ../index.html#79

このブックを見る